AV監督が語る「佐川君」の話の動画

AV監督が語る「佐川君」の話の動画

 ケーブルテレビで放送されている「バズーカ」というかなり過激な番組で2014年の夏に放送されたもので、「おばけのでてこない怖い話」という企画がありました。
 要するにそのままの意味で、霊的な話ではなく、実際の話、実際にあった話といった内容なのですが、このAV監督が話した「佐川君」の話はかなり霊的な話でした。
 その「佐川君」というのはパリで、人肉を食して捕まった日本人のことなのですが、彼が日本に帰国し、仕事がなくて困っていたのでその監督が拾ってあげたのだそうです。
 ただ、その彼にAVに出演してもらうのではつまらないと考えた監督は、彼に生肉を食べさせたりする演出施してから女性とセックスさせようとしたらしいのですが、その時、彼の顔が青ざめてしまったのだそうです。
 何があったのかと監督も確かめに行くと、彼の性器が肉の塊になってしまっていたのだそうです。その後、すぐにその場は撤収したそうです。